塾で英語などの大学受験の必修科目を修得|自分流の学習で受験対策

学生

働きながら通える通信制高校

通信制高校を選択するメリット

女性

通信制高校とは、通信によって課題添削(レポート)の提出、スクーリングの参加、試験によって必修単位を取得し、高校卒業資格を得ることができる高校です。選ぶ通信制高校によって、自宅学習にするか、通学して全日制のような学校生活をおくるかなど、学習形態は異なります。 共通点は、学校教育法によって、在籍期間が必ず3年必要となることです。その期間に単位を取得さえすれば、最短で3年で卒業することができるのです。 通信制高校を選択することの最大のメリットは、各個人のペースで勉強をすすめることができることです。そのため現在働いていて学校に通えない社会人や、発達障害がある人、また不登校などの精神的理由で通学が困難な人も高校卒業資格を取得することができます。 通信制高校は、自分のペースで学習したい人にはおすすめな高校なのです。

どんな学校があるのか

通信制高校では、上記にあるように各個人のペースで学習するイメージですが、様々な形態の学校があります。 まず全日制の普通の学校のように、朝から夕方まで授業形式で実際に授業を行い、様々な学習コースをそろえ、高校卒業資格の取得目的のみでなく、その後の進路をサポートする学校があります。 また各個人のペースで学習をすすめることがメリットでありながら、自分1人で学習することはとても困難なことです。そのためサポートスタッフにより、各個人の学習の進捗状態をチェックしたり、生活面や精神面までサポートしてくれる学校もあります。 修学旅行や校外学習を取り入れている学校もあって、全日制よりも自由であり、個人のペースで学習できながら、学校生活を楽しむことができる学校も多いようです。