塾で英語などの大学受験の必修科目を修得|自分流の学習で受験対策

学生

音楽に専念できる学習法

音楽をやりながら高校を卒業するには全日制か通信制高校かどちらが向いているか

女性

通信制高校と言うと、どのようなイメージを持つでしょうか。良いイメージ、悪いイメージ、たくさんあると思います。なぜなら通信制高校に通っている生徒には様々な理由を持つ生徒たちもいるからです。不登校で悩む生徒や、発達障害で悩む生徒など、本当にたくさんの生徒が通っています。やはり、この保守的な日本だと通信高校よりも全日制の高校を選ばせたい先生や親が多いことも事実です。とはいっても、通信高校だから得られるメリットもあります。例えば自分が本当に興味のあることに時間を使いながら、高校を卒業することができます。音楽などは良い例です。将来歌手になりたい、音楽で食べていきたいと考えている人たちにとって、学校の勉強も大切ですが音楽に関する練習などもかかせなくなります。そういう人たちが全日制の高校に行くことは逆に負担になり、学業にも音楽活動にも専念できなくなってしまうということもあります。自分がやりたいことを一生懸命するために、どちらの学校に通ったらいいのかを考えて工夫して選ぶことで今後の人生において大きな変換点になることでしょう。

現代日本の学習のあり方

現代では若手の歌手やバンドが多くデビューしています。アイドルグループなどは中学生から音楽活動をスタートした、などという例もあります。それらはめずらしくなく、現代では「早く始めたもの勝ち」という風潮でさえ見られます。そんな現代だからこそ、通信制高校が求められているのではないでしょうか。せっかく全日制高校に行っても、結局音楽活動と両立できずにやめてしまう。それではお金や時間ももったいないものになってしまいますし、何より高校を卒業できません。しかし、通信制高校では、自分で授業のスケジュールや予定の管理ができるため、音楽活動と勉強が両立していけるというわけです。一昔前では通信制高校と言ったら不良や、登校拒否の子たちが多いイメージでしたが、現代では変わってきているのですね。今一度、自分の胸に手を当てて、自分にはどちらが向いているのかを考えるのも良いのではないでしょうか。